ウッドデッキは自作が良いのか検討!

夢のマイホームをついに購入!
どうせなら、思いきってウッドデッキも作ってしまおう!と、
思っている方は少なくはないようです。

 

確かに、バーベキューや遊び場、さらにはさまざまな用途が楽しめるウッドデッキは、
あると無いとでは生活が大きく変化していきます。

 

さて、そんなウッドデッキなのですが、
近年のDIYブームの中、ご自分で作る方も多いようです。

 

業者に頼むよりは確かに安価に済むのですが、
どういった部分に注意すべきなのでしょうか。

 

ここでは、自作ウッドデッキを作る際の注意点を紹介していきましょう。

 

●自作ウッドデッキのメリット!
まず、ウッドデッキを自作する場合の最大のメリットは、
何といっても費用がかからないということです。

 

場合によっては、コストが業者に頼む4分の1に抑えられるようで、
なかなか経済的です。

 

さらに、自作している分、生活環境の変化によってカスタムもしやすく、
自分好みに簡単に作れてしまうのです。

 

●自作ウッドデッキの注意点
自作のウッドデッキが完璧にできれば、とてもラッキーです。
しかしながら、やはり業者との違いはクオリティになってきます。

 

ウッドデッキの場合は、1mm程度のずれが生じたところで、
直ぐには影響が起こりません。
そのため、自作の場合では曖昧な施行となることが多いようです。

 

業者に頼むことで、しっかりと細部まで安心して利用できますが、
お子様などが不可をかけて、急に柵が倒れてしまうなどの危険性も自作ではあり得ます。

 

長年、安心して使うのであれば、費用は多少かかりますが、
業者に頼むという選択肢も考えておくべきでしょうね。